日々、本と暮らす

主婦目線で読んだ本や生活のアレコレ。3歳男&1歳女の2人の母さんやってます。

【家庭科2の私でもうまくいく ラクする家事10の法則】を読みました。

今日の1冊!

ラクする家事 10の法則 家庭科2の私でもうまくいく

ラクする家事 10の法則 家庭科2の私でもうまくいく

雑誌サンキュ!でも紹介されていた本です。
家庭科2でも…って勇気をもらえるタイトルです。

家事は長距離走
だからこそ簡単にできる方法を考え、
少しでも楽しめるように工夫しています。
はじめにから引用

朝食は手軽に。

平日の朝食はハワイスタイルで
何品もあわてて作るのではなく、ゆったりと過ごすことを優先する。
だから朝食は無理せず簡単にできるメニューを。
P32より引用

グラノーラやパンケーキ、ヨーグルトなど。
他には簡単で栄養が摂れる、味噌汁、卵かけごはんのバリエーションなどの紹介がありました。
朝食で悩みを抱えていた私に少し光がさしてきたような…
imokotohon.hatenablog.com
オーブンで簡単にできる魚料理や、すし酢で作る簡単ピクルスなどの紹介も。
驚いたのは、パスタも炊飯器スイッチ1つで作るレシピ。
楽そうで楽そうで楽そうで(連呼しすぎ)魅力的でした。
そんなに頑張らなくても楽な方法がある、ということが分かって少し肩の荷が下りるような気がします。

自分を動かすための仕掛けづくり

家事は体が勝手に動くように、
「嫌だな」と思う前にやってしまっているのが理想です。
食器洗いって面倒だと感じていますが、時間を計ってみると15分くらい。
(洗って、拭いて、しまって…までしての合計。)
体感では30分くらいかかっている気がしていました。

この家庭科2の私でもうまくいく ラクする家事10の法則では

食器洗いの時間は瞑想タイム
シンクに山盛りになった食器を目の前にすると
「めんどうだなぁ」と感じることがあります。
でも、やり終えたあとは心と体がスッキリ。
黙々と無心に手を動かすことで、心の中が整っていくのを感じます。
P116から引用

…その考えはなかった…。
確かに瞑想タイムと考えれば、「一人の時間」とも言えるかもしれません。
そうなると、少し皿洗いに対する気持ちも変わってくるかも。
ものは考えようだなと思いました。
どうせやるなら「面倒だな」をなくしたい!!

他にも暮らしが楽になる方法が載っています。

・バラバラにならないこどもの遊び道具の紹介
・米のとぎ汁乳酸菌でのお掃除
・上靴を洗濯機で洗う方法
などなどなど…。本のタイトル通り、「ラクする家事」がたっぷり。
ラクなんだけど、手を抜いている感じがしないのが素敵。(わたくしズボラです。)
家事を好きになりきれない私に少し勇気をくれた本でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村